お知らせ

長島記念館常設展示「ちょっと昔のくらし風景」

 平成も年を重ね、「昭和」の時代をより一層懐かしく感じられるようになってきました。
 昭和30年代ごろから高度経済成長のなかで、伝統的なくらしの道具から近代化・合理化のなか、くらしも道具も新しい物へと変わってきました。
 この展示室は、長島恭助が現役引退後、ふるさと大里で余生を送るとき、身の回りの世話をしていただく方の部屋として、昭和30年代に増設されました。当時の現状を残し展示室にしています。
 昭和30年代を中心に、一般的な家庭で使われた「くらしの道具」を季節ごとに展示する予定です。

その他のお知らせ

親子体験水彩画教室のお知らせ

  • 日時:平成26年8月9日(土)・10日(日)10:00〜14:00
  • 講師:佐藤義男先生(水彩画教室主宰)
  • 参加費:無料
  • 道具:画板と画用紙はご用意いたします
  • 昼食:ご用意いたします
  • お申込み:電話(0493-39-2025)にて事前にお申し込みください
「ちょっと昔のくらし風景」パンフレット表面
「ちょっと昔のくらし風景」パンフレット裏面 「ちょっと昔のくらし風景」パンフレット
(クリックすると、大きな画像がご覧になれます)